[507]カビ菌由来の病害を抑える方法

夏野菜がぐんぐん育ってきています。

一方で気温が上がり、湿度も増えてくるとカビ菌由来の病害が増えてきます。

カビ菌は糸状菌ともいい、代表的な病害としては、うどんこ病、灰色カビ病、ベト病、さび病…等々

#糸状菌といっても有用な糸状菌もあります。

カビ菌は植物のように根があるので、しぶといです。
防除には根気がいることを覚悟しましょう。

カビ菌を抑えるには、農薬を使うのが一般的ですが「農薬は使いたくない」という人も多くいらっしゃると思います。

そんな時に、使える対策です。

【とりあえず緊急の対処法】
・カビ菌を抑える酸性資材を使う。

クエン酸

多く用いられるのは、クエン酸食酢です。昔ながらの木酢液も有効です。
いずれも酸性素材ですが、酸度を下げることで静菌作用があります。

・放線菌を増やす

放線菌はカビ菌を抑える効果があります。
なので放線菌を増やすことでカビ菌原因の病害予防になります。

放線菌を増やすにはキトサン溶液が有効です。
キトサン溶液を散布すると放線菌がガンガン増えます。

#キトサン溶液は媒体に食酢をを使っているので酸性です。

上記の方法を併用することで、ある程度の被害は減らせるものと思いますが、完璧には防除できませんので、農薬と併用することで減農薬に励んでください

【次作に向けての長期的改善策=土壌改良】

土に力があれば根張りが良くなり、作物自体の抵抗力が高まります。
土壌中の微生物層を改善することでカビ菌が発生しても、それを抑える微生物がいれば病害を防ぐことができます。(=微生物層の健全育成)

・微生物層の改善→トーマスくんで土づくり

トーマスくん+機能性たい肥「海藻源肥」や「アンナプルナ」で土壌づくりをしてみてください。

土に力があれば作物は健全に育ちます。
目に見える改善効果がありますので、ぜひお試しください。

広葉樹木酢液【1L】-微生物を活性化して品質向上- 
木酢液は微生物を劇的に活性化し肥効を高めますので減肥が実現!
にんにく木酢液【1L】木酢液プラスニンニク成分の抗菌力に期待!

(Visited 370 times, 2 visits today)

Follow me!